鼻に出来るイボの原因は?

鼻にできるイボの最も一般的な原因は、ヒトパピローマウィルスというウィルスです。
このウィルスが傷口から入り込んで感染すると、鼻イボになります。
ウィルスが原因なので、放置しておくと増殖してしまうこともあります。
また、感染性なので他人に移してしまう可能性もあります。
老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)も顔にできやすく、加齢に伴ってできるイボです。

これは皮膚細胞の代謝が悪くなり角質が溜まっていくのが原因です。
放っておくと少しずつ大きくなってしまいます。
ほとんどは良性ですが、心配な場合は、医師に相談してみましょう。
鼻は皮膚が薄く、免疫力が低下した時にウィルス性のイボができやすくなります。。
ウィルス性のイボは自然治癒することは稀で、大抵は治らないか、増殖してしまいます。
増殖すると厄介なので、小さいうちに皮膚科に行って除去してもらったほうが良いでしょう。
治療法としては、液体窒素、レーザー、ステロイド、漢方薬などがあります。
組み合わせて治療することもあります。

01-hana

鼻にできる赤いイボはニキビ?

顔の中心である鼻に赤いイボができてしまうと目立ってしまうので早く改善したいと考えるのは当然です。
ただし、それが本当にイボなのか、それともニキビであるのかによって対応策が変わってしまうため、注意が必要です。
まず鼻にできる赤い腫瘍は、アクネ菌が増殖して炎症を起こしているニキビであることが多く、この場合、洗顔方法見直しなどのニキビ対策がもっとも適しています。

しかし、こうした対策をとっても状態が変わらなかったり、他の場所にも広がっていったというような場合は、扁平イボや面疔の可能性が考えられます。
扁平イボは、HPVウイルス感染が起こることで発生し、患部を触った手で他の場所に触れるとそこからまた感染が広がっていくこともある厄介な病気です。
また面疔は、常在菌である黄色ブドウ球菌に感染して起こるもので、血管を通して他に転移することがある危険な病気です。
このように鼻の赤いイボはニキビだけではなく、放っておくとそれだけ治療に時間がかかる厄介な病気の可能性もあるため、ニキビ対策をしても状態が変わらなかったり、患部が広がる、痛みを伴うなど別の症状がある場合は、早めに皮膚科で診察を受けることが大切です。

02-hana

鼻にできるイボとニキビの違いは?

鼻にイボやニキビはできるのでしょうか。
ニキビやイボは身体のいたる場所に発生します。
鼻に出来る腫瘍はニキビと思いがちですが、イボの可能性もあります。
顔に出来るイボには、扁平疣贅とよばれるものがあります。

このイボは青年性扁平疣贅とも言われ、男性よりも女性に発症しやすく、若年層に多くみられるため、ニキビと区別しにくいことがあります。
扁平疣贅は、ウイルス性のイボであり感染し拡大する危険があるため、ニキビかイボかを見極め、早急に治療を受けることが必要です。
ニキビとイボの違いは、色と形で、扁平疣贅は肌色や褐色で扁平なイボがたくさん出来ます。
また、イボは触ることでどんどん増えていってしまいますので、あまり触らないように気をつけましょう。

治療法は、レーザー治療や液体窒素を使用した治療法が主流です。
レーザー治療は、出血や傷跡の心配が少ないと言われる治療法です。
また液体窒素では、低温の液体窒素を患部に当て、皮膚の表面を壊死させ、新しい皮膚を再生させます。
症状に気がついたら、早めに病院に行って治療を受けるようにしましょう。

03-hana

イボやほくろを除去するには?

鼻のほくろやイボは目立つため、どうにかして除去したいと考えるでしょう。
ほくろの場合、除去クリームがあるので使用してみるのもいいでしょう。
時間はかかりますが、その分費用もかかりません。

また、鼻は特に目立つため、傷跡を残さないよう注意が必要です。
クリームなどを使っても絶対に取れるという保証はありませんし、だからといって自分で無理やりとってしまうのは痕が残りやすくなります。
不安な場合は専門の医療機関で相談すると良いでしょう。
ほくろやイボの種類によっては保険が適用できる皮膚科で除去することも可能ですし、術後の経過や様子、するべきことをプロの医師や看護師に診てもらうこともできますので安心ができます。

ただし皮膚科ですと医師にもよりますが、手術後の美醜はあまり関係なく、あくまで病理検査と除去が基本となります。
痕を残したくない、少しでも綺麗にしたいという場合、特に女性の場合は相場があがりますが形成外科や美容クリニックなどで診てもらうことをおすすめします。
治療をすると決めたら、慎重に方法を選んでいきましょう。

04-hana

別サイトの掲載

鼻イボもそうですが、イボは色々なところに発生します。
年を重ねることでイボができるということもありますので、イボに悩んだことがなかった人がイボで頭を抱えることになることもあり得ます。
そういう時はこちらのサイトを訪ねてみてください。